小田卓郎(スケート)の出身高校や所属チームはどこ?結婚しているかなど調査

北京オリンピックまで残りわずかとなりました。

そこで今回は、

スピードスケート男子1500mに出場する

小田卓郎選手

について調査しました。

それではさっそく行ってみましょう。

目次

小田卓郎(スケート)の出身高校はどこ?

前回の平昌オリンピックで、男子1500mで日本勢20年ぶり入賞を果たした

小田卓郎選手

小田卓郎選手ってどんな選手?

ということでまずはプロフィールからいきますね!

小田卓郎プロフィール

出典:日本オリンピック協会
名前小田卓郎(おだたくろう)
生年月日1992年7月13日
出身地北海道浦河郡浦河町
身長178cm
所属株式会社開発計画研究所
趣味天気予報
種目自己ベスト
1000m1:07.83
1500m1:42.44
2021年12月22日現在 ※ISU公認大会のみ

趣味が天気予報というのは、変わった趣味ですね。

趣味について何かお話されている情報を探しましたが、残念ながら見つけることが出来ませんでした。

あまりいない趣味なので、是非ご本人の口から聞いてみたいですね!

出身高校は?

小田卓郎選手は、地元の浦河町立浦河第二中学校を卒業後、

スケートの名門校

山形中央高校

に進学しています。

こちらの高校は、体育科がありスポーツをするのにとても良い環境の高校です。

ですが、スケート部にいたっては山形県内に屋内スケートリンクがないため、10月のシーズン開幕まではこのような過酷な練習をするようです。

日が西に傾き始めた放課後。校舎4階の教室の一角で、ある選手は10台超並んだ自転車型トレーニングマシンを40分黙々とこぐ。また、ある選手は壁一面に張られた鏡の前で、毛糸の靴下をはき、ツルツルの樹脂が張られた台の上をひたすら滑る。40秒間全力疾走、そして20秒の休憩。このインターバルを30回超繰り返す。

引用:毎日新聞

このような過酷な練習を乗り越えてきたんですね。

3年生の時W杯代表に選出され、全日本距離別選手権の男子1500mを制した逸材だったそうです。

当時からすごい方だったんですね!

ですが、小田卓郎選手は優しい性格で、

山形中央高校の椿央(つばき・ひろし)監督(2020年3月退職)は「本当に勝負できるのか」と心配していたそうです。

山形中央高校といえば、

バンクーバーオリンピック銅メダリスト、4大会連続オリンピック出場の

加藤条治選手を筆頭に、

今回の北京オリンピック代表の

一戸誠太郎選手

森重航選手も輩出しています。

大学はどこ?

小田卓郎選手は、

早稲田大学スポーツ学部を2016年卒業しています。

大学時代は思うような成績が残せず、伸び悩んだそうです。

その後に、ナショナルチームに入り、才能が開花され前回の平昌オリンピック出場を果たしました。

そして今回、2大会連続のオリンピック出場となりました。

小田卓郎(スケート)の所属チームはどこ?

小田卓郎選手は、

茨城県水戸市にある、

株式会社開発計画研究所

という会社に所属しています。

会社の場所はこの辺りです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる