前山剛久と神田沙也加は結婚間近だった?元カノA子が誰なのか調査

こんにちは。

2021年12月18日、神田沙也加さんの訃報が報じられました。

死亡当時、神田沙也加さんと交際が噂されていた年下俳優のAというのが前山剛久さんということが報じられました。

神田沙也加さんと交際が噂されていた、前山剛久さんが真剣交際していたことを明かし、

また結婚に向けて準備をしていたことを明かしました。

そこで、

前山剛久さんと神田沙也加さんの交際、結婚について

また交際トラブルが噂されている、

元カノA子が誰なのか?

ついて調査してみました。

それではさっそく行ってみましょう。

目次

前山剛久と神田沙也加は結婚間近だった?

神田沙也加さんの死亡当時、年下俳優Aと報じられていた前山剛久さん。

結婚間近と言われていた2人の関係は、どんなものだったのでしょうか?

前山剛久さんのプロフィール

名前前山 剛久 (まえやま たかひさ)
生年月日1991年2月7日
出身地大阪府
身長172㎝
所属ワタナベエンターテインメント
若手男性俳優集団D2およびD-BOYSのメンバー

舞台俳優として活躍している前山剛久さん。

舞台『マイフェアレディ』では、神田沙也加さん演じるイライザに恋するフレディ役で共演されていました。

神田沙也加と交際の事実は本当だった?

2021年12月23日の報道で、神田沙也加さんとの交際の事実を明かしました。

前山のコメントは所属事務所の公式サイトで発表された。ミュージカル「マイ・フェア・レディ」で共演していた沙也加さんが巡業先の札幌で18日に急逝。突然の別れに大きなショックを受けているといい「ただ今は、神田沙也加さんが天国でも、あの素敵な笑顔のままいてくれることを願い、心よりご冥福をお祈りいたします」としのんだ。
 沙也加さんとの関係については「真剣なお付き合いをしており、将来を見据えたお話もさせていただいておりました」と、結婚を視野に入れた交際だったことを告白。「同じ舞台に立たせていただき、女優としても、人としても、大変尊敬する存在でした」と、5歳年上の恋人に寄せていた思いを明かした。  
沙也加さんとは8月から上演されたミュージカル「王家の紋章」で初共演し、終了後の今秋から交際をスタート。11月から東京・帝国劇場で始まった「マイ…」でも共演し、今月17日からの北海道公演のため、2人は一緒に札幌入りしていた。
 周囲の話によると、2人は一緒に住むマンションを探していた。沙也加さんが亡くなる前日にもプライベートで会っている。前山の所属事務所は「現在、突然の悲報に多大なるショックを受け、憔悴(しょうすい)しきっている状況」と説明。「医師の指導のもと前山のメンタルのサポートをしてまいります」と心のケアをしていく意向という。

引用:スポニチ

お二人は、結婚を見据えていたのは事実でしたね。

一緒に住むマンションを探していた程深い仲だったのに、一体何があったのでしょうか?

前山剛久の元カノA子とは誰?

交際の事実が明らかになった前山剛久さんと神田沙也加さんですが、

前山剛久さんを調べると、

元カノA子、またはアイドルA子と出てきます。

A子とは一体誰で、どんな人物なのでしょうか?

現時点で、有力な情報は上がってきていません。

年齢が29歳以下(2021年12月現在)ということくらいしかわかっていません。

現在、A子が誰なのか調査中ですが、特定されるのは時間の問題かもしれません。

有名なアイドルでしたら目撃情報もあると思いますが、噂レベルの情報も上がって無いあたり、売り出し中の若手アイドルかもしれません。また、グラビアアイドルとの噂もあります。

追って調査します。

A子とのLINE流出か?

そんな前山剛久さんとA子ですが、週刊文春でLINEのやり取りが掲載されていました。

A子、お疲れ!神田さんと整理つけるのに、バタバタしてた

なんとか別れたよ!笑

すご笑

めっちゃ大変だった!笑 今度話聞いてもらっても良い?

いつ時間あるー?

青色が前山剛久さんで、がA子です。

文春によると、A子は事情を知らずこのような返信なんだそうです。

これだけ見ると、ただの二股男ということになります。

ただ、A子が誰なのかは明記されていませんでした。

ただ、このLINEが神田沙也加さんの死と深い関係はありそうです。

まとめ

今回は、

  • 前山剛久と神田沙也加は結婚間近だった?
  • 前山剛久の元カノA子とは誰?

についてお届けしました。

調査していくうちに、この交際が神田沙也加さんの死と何か関係があるのではないかと思うようになりました。

追って、

A子は誰なのか?

前山剛久さんと神田沙也加さんの交際トラブルについて

調査していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる