前山剛久のアイドルAとのLINE内容がやばすぎる!神田沙也加の遺書から読み取れる三角関係について

こんにちは。

神田沙也加さんが、2021年12月18日に札幌市内のホテルで転落死しました。

そして12月22日の朝、神田沙也加さんが転落したホテルの部屋から書置きが見つかったと報じられました。

そして12月22日16時頃に、文春オンラインにて神田沙也加さんの部屋に2通の「遺書」が残されていたと報じました。

その遺書の中には、交際していた前山剛久さんに宛てたであろう遺書があったそうです。

そんな前山剛久さんですが、

元カノと言われているアイドルA子とのLINEのやり取り

神田沙也加さんと交わした誓約書

アイドルA子と三角関係?

などなど如何わしい情報が出てきたので調査しました。

さっそく行ってみましょう。

目次

前山剛久とアイドルA子とのLINEの内容がやばい!

神田沙也加さんと交際中だった前山剛久さんですが、元カノと言われているアイドルA子とも切れてなかったようです。

神田沙也加さんと付き合い始めてから以降もたびたびA子にLINEを送っていたそう。

LINEの内容

そんなLINEの内容がこちら↓。

A子の方が良かった

A子お疲れ!神田さんと整理つけるのに、バタバタしてた

なんとか別れたよ!笑

すご笑

めっちゃ大変だった!笑 今度話聞いてもらってもよい?

いつ時間あるー?

なかなかゲスい内容ですね。

ちなみにA子は現時点(2021年12月23日)で、誰がわかってないのでイラストです。

まさに男版ベッキーですね。

元カノA子と何を話すつもりだったんでしょうか?

理解に苦しみます。

神田沙也加は知っていた?

神田沙也加さんもLINEのやり取りに目を通していたみたいです。

「人づてに、前山が所属する事務所の社長に『話をしたい』とアプローチしたのです。ただ、大人同士の恋愛ですから、社長としても自分が介入することではないと判断した。現場のスタッフに『状況を確認して』と伝えるに留めたそうです」(前出・前山の親友)

 その後、前山は現場のチーフマネジャーから事情を聴かれ、

「二人で解決するので大丈夫です」

 と答えたという。

「前山はこの後、沙也加さんに『俺たちの喧嘩のことで会社を巻き込むなんておかしいよ』と諭していました。その時は、彼女も納得して、『さすがにやり過ぎた』と反省していたそうです」(前出・前山の友人)

引用:週刊文春オンライン

交際している中で、ここまで修羅場があったとは驚きですよね。

神田沙也加さんしてみれば、何回も裏切られてショックが大きかったんだろうなと思います。

元カノA子とのことで誓約書?

上記の通り、神田沙也加さんと交際を始めてからも、たびたびA子さんと連絡を取っていた前山剛久さん。

「沙也加は、前山さんとアイドル・A子さんとの“関係”に深く悩んでいました。前山さんが長く付き合っていた年下の元カノです」(前出・沙也加の親友)

週刊文春オンライン

三角関係に耐えかねた神田沙也加さん。

交際から2カ月経った12月4日に、前山剛久さんは神田沙也加さんの求めに応じ、誓約書を書きました。

内容はこちらです↓。

元交際相手との関係を一切断つことを誓います

・沙也加さんを傷つけた場合には全快するまでのメンタルケアを担う

・子どもが生まれた場合、父親としての責任を離婚せず、果たすことを誓います

これで安心と思ったのも束の間。

なんとこの誓約書を書いた1週間後に、上記のLINEのやり取りが発覚したのです!

もうヒドイ裏切りですよね。

https://twitter.com/cogma61/status/1473705865568223232?s=20

アイドルA子(元カノ)と三角関係?

神田沙也加さんと前山剛久さんが出会う前の、A子さんとの交際からをまとめてみました。

3人の時系列

2021年8月以前:前山剛久さんとA子さんと交際(一時期同棲生活を送っていた)。

2021年8月:神田沙也加さんと前山剛久さん、ミュージカル『大家の紋章』で初共演。

2021年8月頃: 前山剛久さん、「他に好きな人が出来た」とA子さんに別れを告げる。

2021年9月下旬~10月初旬頃: 神田沙也加さんと前山剛久さん、 交際スタート。

2021年12月:元カノA子さんとのLINEのやり取りが発覚!

2021年12月4日:神田沙也加さんが前山剛久さんに誓約書を書くよう要求。

2021年12月10日前後:またしても元カノA子さんとのLINEのやり取りが発覚!

2021年12月16日:ミュージカル『マイ・フェア・レディ』札幌公演のため札幌入りするも大喧嘩

2021年12月18日:神田沙也加さん転落死にて死去

2021年12月19日:神田沙也加さんの遺書がホテルの部屋から見つかる

2021年12月22日:前山剛久さんが神田沙也加さんとの真剣交際の事実を明かす

2021年12月22日:週刊文春オンラインが誓約書や遺書の内容を公表

一覧の流れとしてはこの通りです。

初共演した頃の2人。こんなにも仲良さそうだったのに、まさかこの後にここまでこじれるとは(泣)

交際相手(前山剛久)に宛てた遺書の内容とは?

こちらが前山剛久さんに宛てたであろう遺書の内容です。

≪女性にあんまり強い言葉は使っちゃダメだよ。一緒に勝どきに住みたかった。2人で仲良く、子供を産んで育てたかったです。ただ心から愛してるよ≫

これだけ読むと、「何があったんだ?」と思いますよね?

女性にあんまり強い言葉は使っちゃダメだよ。

勝どきに住みたかった?

このような言葉が出てくるのは、数々の前山剛久さんの惨い行いからでした。

真剣に結婚を考えていた沙也加は同棲を提案しました。当初は前山さんも乗り気で、勝どきの物件を内見しています。十二月初めには沙也加の名義で契約することにして、審査も通っていた。ところが、あとは本契約だけとなった十二月中旬、突然前山さんが同棲を白紙にしたいと言い出したのです。彼女はそのことに本当に大きなショックを受けていました」(前出・沙也加の親友)

 この一件の直後の十二月十六日、翌々日の十八日から出演するマイ・フェア・レディの札幌公演に向け、二人は北海道に到着した。

「その当日も、二人は都内で大喧嘩をしています。『お前なんか、(恋愛でメディアを騒がす)母親と一緒だ』と罵倒されることもあった。この時点で沙也加は、前山さんには自分に対する気持ちがもう残っておらず、夢見ていた結婚や子どもが叶わないことを悟りつつありました」(同前)

 しかも、沙也加は自宅を出る際、日頃から服用していた薬を忘れ、それが彼女の動揺に拍車をかけたという。それでも北海道に到着してから、二人の話し合いは続けられた。

「沙也加と前山さんに加え、沙也加のマネジャーの三人で食事をしました。話し合いを重ねる中で、前山さんは『これまで通りに交際を続け、沙也加のことを見つめ直す』と思い直してくれた。『付き合い立ての頃を思い出そう』とも。彼は彼で相当悩んでいました。この日の会計は沙也加が持ったそうです」(同前)

引用:週刊文春オンライン

結婚も出産も今となっては、叶わない現実となってしまいました。

子どもの話が、誓約書と遺書両方に出でいる辺りその可能性もありそうですね。

まとめ

今回は、

  • 前山剛久とアイドルA子とのLINEの内容がやばい!
  • 元カノA子とのことで誓約書?
  • アイドルA子(元カノ)と三角関係?

といった内容でお届けしました。

将来を見据えて交際していたと公表した前山剛久さん。

裏ではこんなことが起こっていたんですね。

となると公表した理由も気になってきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる